パチンコは日本人に愛されている昔ながらの遊技です。パチンコはスロットマシンで行われるピンボールゲームで、非常にカジュアルな娯楽と考えられています。日本の法律においてパチンコはその歴史的、文化的価値から例外と認められているため、ギャンブルや犯罪活動とはみなされていません。刑法に違反してしまうため、パチンコ遊技者は金銭の見返りは受けません。遊技者はパチンコ玉を景品と交換し、そしてその景品をパチンコ店オーナーが所有するお店に売るのです。しかし、現金との交換があってはなりません。パチンコ店はパチンコのエキスパート達がゲームを楽しむ場所なのです。日本においてパチンコ店は人気があり、日本各地で見つけることができます。 日本におけるギャンブルの傾向 – アメリカ合衆国のカジノオーナー達が日本でビジネスを拡大したいと考えているということがある研究で示されています。また、日本人は重要なギャンブラーとして知られています。ある調査によると、日本ではおよそ500万人がギャンブル依存症であるといいます。ギャンブル依存症はカジュアルに思われるかもしれませんが、ギャンブラーの強迫行動なのです。ギャンブルへの衝動を抑えられないギャンブラーはギャンブル依存症として知られています。日本において500万人というのは日本の成人総人口の5パーセントにあたります。この5パーセントの国民がパチンコや競馬、競艇に関わっているのです。これらは日本で合法とされているギャンブルゲームです。パチンコが日本人に最も愛されている遊技であるということは疑う余地が無いでしょう。 観光産業とギャンブル – 政府がギャンブルの合法化を検討している動機のひとつに、ギャンブルに起因する観光産業の規模があげられます。日本はレジャーやくつろぎを求め観光客に好まれる目的地のひとつです。ギャンブルは「日本でやりたいこと」のひとつに加えられるでしょう。シンガポールはアジア太平洋地域におけるカジノ設置の成功例のひとつです。シンガポールは2010年のリゾート・ワールド・セントーサとマリーナベイ・サンズの開業以降、世界で最も人気のあるギャンブルのための目的地のひとつとなりました。日本もギャンブル活動をチェックするための適切な手立てが講じられれば、ギャンブルを目的した有力な観光旅行先となりうるのです。適切に管理、運用できるかということだけが問題なのです。 結論 – 2011年の調査報告にある通り、日本にはおよそ12480店ものパチンコ店が存在します。日本人はこの遊技を愛してやまず、パチンコに多くの時間を割いています。一種の依存症でしょう。2018年に行われた調査によると、日本人はこの遊技に毎年およそ2000億ドルを費やしているといいます。人々がパチンコやパチンコ店に反対するようなことは少なかったとはいえ、パチンコは今もなお合法の遊技なのです。パチンコゲームの全体像はギャンブルと非常によく似ています。パチンコとギャンブルで唯一異なる点は現金の関与です。ヤクザは日本で違法カジノを経営していた集団です。かつては違法カジノでしたが、最近ではモバイルゲームのウェブサイトを通して違法ギャンブルが可能であることが知られています。